不眠を改善する

眠りたいのに眠れないのは、本当につらいものです。

不眠は典型的なストレス反応の症状のひとつで、自律神経のうちの交感神経が興奮した状態であることで、ふとんに入っても寝つきが悪い、睡眠中に目が覚めてしまうといったことが起こります。そして、日常生活に支障をきたすこともあります。

ほかにも、睡眠時無呼吸症候群やムズムズ脚症候群、過眠症などの睡眠障害がありますが、睡眠のトラブルの中で日本人にもっとも多いのが、不眠症です。眠りに何らかの問題を抱えている人はとても多いといわれ、不眠症も誰にでも起こりえるので、珍しい病気ではありません。

不規則な生活習慣を見直す

現代では、生活時間の変化とともに不眠を訴える人が増えています。私たちの体の中には、一日の体のリズムをつくる体内時計がはたらいているのですが、不規則な睡眠や生活習慣などによって、体内時計の調節機能が狂ってしまいます。

規則正しく食事を摂ることは、体内時計のリズムを整えるのに大切です。朝食をしっかり摂ることで、朝の目覚めが促進します。夜遅い時間の食事は、眠りを妨げます。また、食事を抜くと血糖値が下がり、血液が肝臓に集中して脳を休ませようとするので眠くなります。こうした昼間の中途半端な眠気は夜の睡眠にも影響してきます。

不眠症にはさまざまな原因が考えられますが、心理的なストレスや心の病気が大きく影響していることもあります。ストレスの原因がわかっているようなら、そのストレスに耐えられるところまで自分を変えていくことで、睡眠障害を改善することに期待ができます。ひとりで考え込まないで、専門医に相談してみるのも良いでしょう。

眠りを妨げる刺激物を避ける

なにげなく口にしているコーヒーやお茶、アルコールなどが神経を興奮させて、眠りを妨げることもあります。それは、これらに、刺激物となるカフェインが入っているからです。疲労回復のためのドリンク剤や風邪薬の一部などにも、カフェインや類似物質が含まれていることがありますので、気をつけましょう。

サプリメントで栄養補給するなら、不規則な食事によって睡眠の質が低下したときには、マルチビタミンやマルチミネラルを摂取します。バレリアンやセントジョーンズ・ワートは、気持ちを落ち着かせるために用いられるハーブです。ストレスからくる不眠におすすめです。

不眠を改善するために摂りたいのは

  • マルチビタミン
    メーカーの指示量
  • マルチミネラル
    メーカーの指示量
  • バレリアンまたはセントジョーンズ・ワート
    メーカーの指示量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です