動脈硬化を防ぐ定番の EPA の10倍も多い「マンボウの肝油」



ハピネスのマンボウ肝油

最近、注目を集める新しい脂肪酸

心筋梗塞の原因となる動脈硬化を起こした血管は、元には戻らないと考えられていました。ところが最近の研究で、食生活を変えることによって、動脈硬化を改善できることが明らかになりました。

動脈硬化の予防に効果的な食品成分といえば、EPA(エイコサペンタエン酸) 魚の油の脂肪酸。そのEPAをしのぐ新型の脂肪酸が新たに発見され、注目を集めています。それは、DPA(ドコサペンタエン酸) と呼ばれる魚油の一種です。

DPAが注目されはじめたきっかけは、アラスカやグリーンランドなどに住むイヌイット(エスキモーの食生活の調査がきっかけでした。

イヌイットの人たちの血液中には悪玉LDLコレステロールや中性脂肪が少なく、心臓病や脳卒中で死亡する人も極めて少ないということでした。

その理由としてイヌイットが普段常食しているアザラシに多量に含まれるDPAの働きが大きく影響していることがわかったのです。

これまでの研究によると、DPAは、傷ついた血管壁を修復し、悪玉コレステロールの沈着を防ぐ効果が、EPAの10倍も強力であることが突き止められています。しかも、DPAはEPAの効力を活発にさせる効果も担っていることも明らかになりました。

DPAは、動脈硬化を防ぐ効力が強いので、心筋梗塞に対しても優れた効力を発揮すると考えられます。

DPAをたっぷり含む「マンボウの肝油」

DPAは、私たちが日常よく食べるサケやイワシ、サバ、サンマ、ニシン、クロマグロにも含まれています。DPAが多いといわれる青背の魚も、DPAの含有量はごく微量で、全脂肪中の1~3%にすぎません。DPAは青背の魚よりもアザラシなどの海獣類や、クジラの油に豊富に含まれています。
しかし、私たちがアザラシやクジラを日常的に食べることは不可能です。

ところが最近になって、アザラシやクジラ以上にDPAを豊富に含む魚がいることが発見されました。それは、深海に住むマンボウで、体長は2~3メートル、体重は300~500キロを超えるものもある大きな魚です。

このマンボウの肝臓に含まれる油(肝油)が、DPAの宝庫なのです。しかし、マンボウが珍しい魚であるうえに、生のマンボウの肝油を手に入れることは極めて難しいという難点がありました。

マンボウは捕獲を目的とした漁がありません。たまたま網にかかったマンボウの肝油ですから貴重なのです。

最近、このマンボウの肝油を精製・加工した栄養補助食品も市販されるようになってきました。こうした食品を利用すれば、手軽にDPAをとることができるのです。
もちろん、誰にも同じような働きが現れるわけではありませんが、動脈硬化の予防や改善に役立つはずです。



ハピネスのマンボウ肝油

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です