胃のはたらきを高める

胃の調子が悪くて悩んでいるという人は、早めにその原因をはっきりさせましょう。それは、ストレス以外に、胃潰瘍やガンなどの病気の心配があるからです。

専門医の診察を受ける

上腹部に不快感があって胃がスッキリしない、食後に胸焼けがするなどの症状がある時は、潰瘍やガンといった疾患の場合もあるので、専門医の診察を受けましょう。ピロリ菌が胃潰瘍の原因のひとつと考えられていて、ピロリ菌の除菌をおこなうと再発を抑えられるケースもあるといいます。

ストレスならハーブや気分転換で緩和する

ストレスが多くかかることによって自律神経のバランスがくずれ、交感神経がずっと興奮している状態だと、胃のはたらきが低下して、痛みや不快感が起こることがあります。胃の調子が悪ければ、消化吸収する力も低下してしまうので、その結果として、全身的な栄養不良の状態になってしまうこともあるのです。

そこで、過度なストレスを緩和するためには、セントジョーンズ・ワートなどの気持ちをリラックスさせる効果があるハーブ系サプリメントを試してみるのも良いでしょう。また、自分なりの気分転換の方法を見つけて、ストレスの悪影響を減らすことも大事です。例えば、好きな音楽を聴いたり、軽く体を動かすのも良いです。

病気ではないのに胃の調子が良くないという時にはストレスのサインだと考え、その対策をとりましょう。

胃のために良くないこと

当然ですが、胃の調子が悪いときには、1度に食べる量が多すぎたり、食べたり食べなかったりの不規則な食事をすることは、良くありません。不規則な食事をしていると栄養不足になる可能性が高いですから、その不足分はマルチビタミンやマルチミネラルで補います。

嗜好品については、まず、喫煙者でタバコをやめられないという人がいるかもしれませんが、タバコは胃の粘膜の血流を減少させるので本当は良くありません。食後に胃もたれを感じる人は、少量の香辛料やカフェイン、アルコールなどが有効になります。しかし、潰瘍がある人は避けたほうが良いです。

胃のはたらきを高めるために摂りたいのは

  • セントジョーンズ・ワートまたはカヴァカヴァ
    メーカーの指示量
  • マルチビタミン
    メーカーの指示量
  • マルチミネラル
    メーカーの指示量

胃の健康チェックはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です