視力の低下を防ぐ

視力低下の予防に抗酸化物質

近視や遠視、老眼をはじめとした視力にかかわる問題は多々ありますが、これらの原因は、目の焦点の調節機能の異常や活性酸素の影響など、さまざまです。

近年では、社会のIT化の進行にともない、パソコンをはじめスマートフォン、テレビなどのVDT(ディスプレイ画面)を見続け目を酷使することによって起こる障害や視力の低下など、目に対する環境もどんどん厳しくなってきています。

焦点の調節機能が損なわれることによって起こる視力の低下の場合は、メガネやコンタクトレンズを用いての視力矯正、手術のほか、根本的な対策はなかなかありません。しかし、目が乾燥して角膜が傷ついたり、活性酸素の影響を受けたりしたことが原因の視力の低下については、栄養補給を適切にすると改善が期待できると考えられています。

活性酸素は、体のほかの部分の細胞と同じように、目の細胞にも攻撃をしてきます。ですが、βーカロテンやビタミンC、ビタミンEといった抗酸化物質の摂取で活性酸素の害を抑え、目の細胞の機能を正常化することによって、ある程度は視力の低下を止めることができます。

私たちがものが見えるのは、目の網膜にあるロドプシンという色素が分解と再合成を繰り返して光の信号を脳に伝えているからなのですが、ロドプシンは目の酷使で減少してしまいます。ですが、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンというポリフェノール(抗酸化物質)には、ロドプシンの再合成を活発にするはたらきがあるので、視力が低下するのを防いだり、視力を回復するのに効果的だとされています。

こちらもおすすめ!

視力の低下を防ぐために摂りたいのは

  • βーカロテン
    10~30mg
  • ビタミンC
    1000mg
  • ビタミンE
    100~200mg
  • アントシアニン
    メーカーの指示量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です