貧血を改善する

血液中の赤血球やヘモグロビンが正常よりも減少している状態のことを貧血といいます。貧血の種類の中でも最も多いのは、鉄欠乏性貧血です。名前のとおり、血液中の鉄分が不足するために起こる貧血のことをいいます。

女性の場合は生理がありますからそれによって鉄が失われたり、普段の食事で鉄の摂取量が不足していることが原因となっています。また、スポーツ選手にも貧血がみられることがありますが、これは激しい運動によって赤血球が壊れてしまうためだといいます。

貧血になると、顔色が悪かったり、疲れやすかったり、めまいや息切れを起こしたりする、などの症状があらわれます。いずれにしても、貧血の症状がひどい場合には、内臓からの出血や骨髄などの病気の疑いもありますから、医師の診察を受けましょう。

血液のはたらきとは

血液のはたらきはとても重要です。血液の成分で赤血球に含まれるヘモグロビンは、酸素を全身に運ぶ役割を担っています。

ヘモグロビンは鉄を含んだヘムという色素とタンパク質が結合してできていて、これをヘムタンパク質といいます。ヘムタンパク質が酸素と結合して全身に運ばれていきます。ですから、体内に含まれる鉄分が減少してしまうとヘモグロビンの合成がうまくいかなくなって減り、赤血球自体も小さくなってしまいます。すると、酸素を運ぶ能力が低下して、体は疲れやすくなったり、だるさなどの症状が起こるようになります。

鉄は私たちが生命を維持するのに欠かすことのできないミネラルです。しかし、食事から摂取できる鉄は、あまり多くは吸収されません。

食べものに含まれる鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。ヘム鉄はマグロの赤身やアサリ、肉類のレバーなどの食品に多く含まれ、非ヘム鉄は卵や大豆、ひじきなどの海藻類に含まれているのですが、両方をバランスよく摂取するのが良いです。非ヘム鉄のほうは吸収率があまり良くないのですが、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まるので、野菜や果物を食べるようにしましょう。

赤血球がつくられるときには、ビタミンの一種の葉酸やビタミンB12などが必要になります。葉酸の多い食品はほうれん草やアスパラガス、ブロッコリーなど植物性の食品で、ビタミンB12の多い食品は魚介類、レバー、チーズといった動物性の食品です。

食事量が少ないダイエット中の人などは、マルチビタミンやマルチミネラルのサプリメントを摂ると良いです。スポーツ選手の場合には、鉄や葉酸のほかプロテインを摂ると良いでしょう。

貧血を改善するために摂りたいのは


  • 10~20mg
  • ビタミンC
    500~1000mg
  • 葉酸
    200~400μg
  • マルチビタミン
    メーカーの指示量
  • マルチミネラル
    メーカーの指示量

貧血の改善に必要な鉄の効能・効果はこちら

「貧血を改善する」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 貧血 | Condition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です