高血圧を防ぐ

生活習慣を改善しコントロールする

高血圧といえば生活習慣病を代表する疾患で、多くの人が悩んでいることでしょう。高血圧は、その状態が長い期間続くことで血管壁が傷ついたり、心臓にかかる負担が増えることから、うまくコントロールすることが必要になります。

少しの変化だと、これくらいなら大丈夫だろうと軽く考えてしまうかもしれませんが、血圧が上昇することで大きな病気につながるリスクが高くなりますから、まずは、生活習慣の改善を心がけることです。

高血圧の改善をするというと、塩分の摂取を制限することを想像する人もいるでしょうが、そのほかにも有効な方法はあります。例えば、標準体重より重い人は減量する、たばこを吸う人は禁煙する、食事の面ではカリウムを適量に摂取するなどが挙げられます。ウォーキングなど有酸素運動をするのもおすすめです。

体重が重い人が減らすだけでその状況が改善するというのは、よくあることです。飲酒の場合、飲んだ直後と翌日ではまるで高さが変わるので、高血圧の人にとって重要なコントロール項目です。

血圧が高い人に共通して重要なことのひとつに食物繊維を十分に摂ることがあります。できるかぎり、食事の中でたくさんの食物繊維を摂るように習慣づけることが大切です

サプリの利用は、食習慣、生活習慣などの改善を行ってみてからの対策となります。

カルシウムとマグネシウムの摂取の割合

高血圧の対策として、ミネラルバランスも大切です。カルシウムとマグネシウムの割合を2対1で摂取し、さらにカリウムを補給するのが効果的です。

ペプチドには、血圧の上昇を抑制するはたらき、血中コレステロールを低下するはたらき、脂肪の沈着を抑制するはたらきなどがあることがわかっています。

また、ビタミンCにも血圧を下げる効果があって、たとえほかの病気をもっていても悪影響はないので、こういったサプリメントを併せて摂取するのも良いです。

高血圧を防ぐために摂りたいのは

  • カルシウム
    500~1000mg
  • マグネシウム
    250~500mg
  • ビタミンC
    1000mg
  • ペプチド
    メーカーの指示量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です