「美容」カテゴリーアーカイブ

N-アセチルグルコサミン配合のサプリは肌への吸収率が抜群で肌荒れを解消してシワまで抑える

天然型N-アセチルグルコサミン
注目!特許取得の『天然型N-アセチルグルコサミン』はこちら。


減少すると肌荒れ・小ジワ・シミを引き起こすヒアルロン酸を増やす

肌は、さまざまな成分で構成されています。潤いと張りのある肌を保つには、コラーゲンやムコ多糖が欠かせません。コラーゲンは、たんばく質の一種で、皮膚の真皮(表皮のすぐ下にある部分)の70% 近くを占めています。

繊維状のつくりをしており、肌全体に張りめぐらされ、弾力を維持する働きをしています。このコラーゲンだけでは、きめが細かく、しっとりしたみずみずしい肌を保つことはできません。そこで必要になるのが、ムコ多糖なのです。コラーゲンが形作る綱目の繊維中には、肌の水分を保つ働きのあるムコ多糖が入っています。中でも、特に優れた保水効果を発揮するのが、ムコ多糖の1つであるヒアルロン酸です。

なぜなら、ヒアルロン酸は、その重量の1000倍もの水をため込むことができる、驚異的な保水力作用があります。

肌にヒアルロン酸が十分あることによって、潤いと張りのある肌を保つことができるのです。ほとんどの化粧水や化粧品にはヒアルロン酸が含まれています。しかし、、年を取ると、このヒアルロン酸が減少するために、乾燥肌・肌荒れ・小ジワ・シミといった肌のトラブルを引き起こすことになります。

それでは、減少したヒアルロン酸を増やして、みずみずしい肌を保つ方法はないのでしょうか。

体内に20%も吸収され小ジワ・シミを解消した人が多い

ヒアルロン酸は、化粧品にも含まれ、肌から吸収されることがわかっているものの、その量はわずかです。

そこで注目しているのが、ヒアルロン酸の原料となり、肌の真皮に含まれる「N-アセチルグルコサミン」を豊富に含む健康食品です。化粧品からとるよりも、体の内側から「N-アセチルグルコサミン」をとったほうが、皮膚のヒアルロン酸は格段に増えることがわかってきたからです。

ある大学の臨床実験で、「N-アセチルグルコサミン」をとると、その約20% が体内に吸収され、皮膚組織中のヒアルロン酸が増えることが確認されました。この臨床実験から、「N-アセチルグルコサミン」をとって、体内の側からヒアルロン酸を補うほうが、肌への吸収率が高いことがわかりました。実際、「N-アセチルグルコサミン」の健康食品をとって、乾燥肌・小ジワ・シミを解消した人がたくさんいます。

「N-アセチルグルコサミン」は、関節の軟骨を修正するグルコサミンと同様に、カニやエビの殻から取れます。カニやエビの殻は、とても強固な物質で、そのままでは体内に吸収されません。いままでは「N-アセチルグルコサミン」を、原料から天然のまま摘出するのは技術的にとても困難なことでした。ところが、最近になってやっと、天然のままのN「N-アセチルグルコサミン」を摘出することに成功し、健康食品としてとることが可能になりました。

あらゆる年代の女性はもちろん、肌のトラブルが気になる男性にも、ぜひ「N-アセチルグルコサミン」の健康食品をとっていただきたいと思います。

天然型N-アセチルグルコサミン
注目!特許取得の『天然型N-アセチルグルコサミン』はこちら。


N-アセチルグルコサミン メモ

糖質栄養素の一種。皮膚の真皮の中に存在する以外に、プロテオグリカン(ムコ多糖とたんばく質の複合体)や糖脂質のかたちで、体内に存在する。ムコ多糖としては、ヒアルロン酸として皮膚・軟骨・血管にあり、ケラタン硫酸の形で脳組織・目の角膜・骨組織に含まれている。体内での働きは、

  1. 美肌をつくり、肌の老化を抑える
  2. 変形性関節症の緩和
  3. 記憶学習能力の向上
  4. 腸の働きを改善

の4つが代表的な働き。

コラーゲンよりさらに美肌になる「新型エラスチン」

エラスチン&コラーゲン 1/50 で激変した美肌、しわ、たるみも消え10歳以上若返った素肌

鏡で自分の素肌を見るのが楽しみになった

  • 肌に弾力が出てハリが保たれるようになり若返った
  • 肌がみずみずしくなり、シワやタルミが目立たなくなった
  • 肌のくすみが取れ、明るくなり顔色が改善

これは、「エラスチン&コラーゲン 1/50」を使った実際の使用感です。実際に「エラスチン&コラーゲン 1/50」を使用して日を追うにつれてますます新型エラスチンの大きな美肌効果を実感しています。

化粧品のイメージ広告の仕事をしているモデルさんが自分よりも若いモデルさんより化粧直しの時間や回数が減っているということです。

しかも、照明さんからは、肌がてからないので撮りやすい、褒められて、こればかりはとても嬉しくて。
最近では、目元や口元の細かいシワやほうれい線がすっかり消え、ほおに張りが戻ってピチビチの肌になったという人も。手の甲にも潤いと張りが出てきて、手の演技をアップで振られても自信が持てるようになりました。

新型エラスチン「エラスチン&コラーゲン 1/50」をとるようになってすぐに、家族から、肌がしっとりしてキレイになったとほめられました。最近では同年代の友人たちからも「肌がピチビチしていて若々しくて羨ましい」と言われています。
女性は、なんだかんだ言ってもいくつになっても外見を褒められると嬉しいものです。

65歳 女性のエラスチンの実際の使用感

新型エラスチン「エラスチン&コラーゲン 1/50」使い1ヶ月ほどで、気になっていた目尻の小ジワがほとんど消えてしまいました。あごまで伸びていたほうれい線もすっかり日立たなくなり、ほおに弾力が出てきて、口角も上がってきました。これまでは人に素顔を見せる自信はありませんでしたが、今は素顔を見せてもいいかな、と思えるようになりました。これほど効果がはっきりとあらわれるとは思っていなかったので驚いた反面嬉しくて気持ちが高まりました。

新型エラスチンとは

このように、多くの女性に喜ばれている新型エラスチンとは、どのようなものなのでしょうか?

日本におけるエラスチン研究の第1人者である九州工業大学名誉教授の岡元博士によると、「私たち人間の皮膚の深部は、主にコラーゲン(膠原線維) とエラスチン(弾性繊維)で構成された真皮という層があり、真皮内はコラーゲンとエラステンが重なり合ってバネのような構造になっているそうです。

エラスチンンはコラーゲンに絡みついて、コラーゲンどうしを結びつけるとともに、肌にハリや弾力を生み出す原動力となり、シワやタルミを防いでいます。ですから、肌の裳えを防ぐには、コラーゲンよりむしろエラスチンのほうが重要というわけです。

実は、エラスチンンはもともと最先端の医療分野での使用により注目を集めている成分で、特に皮膚の再生医療に欠かせない重要成分として研究されているのです。また、美容分野ではコラーゲンだけでは得られない効果を生み出す美肌成分として、近年、ますます注目の的になっています。

エラスチンンは、哺乳動物の血管や勒帯、魚の皮などに含まれていますが、中でも新型エラスチンは、高純度で質の高いエラスチンが得られるブタの大動脈や魚の動脈球から抽出されたものであり、食経験が豊富で安全な素材が原料なので安全性が高いのです。
しかも、エラスチンの働きを助けて肌のハリや弾力性を生み出す成分のデスモシンやイソデスモシンという希少なアミノ酸も豊富に含まれているということです。

新型エラスチン「エラスチン&コラーゲン 1/50」

エラステンは皮膚の真皮内でコラーゲンを束ね、ゴムのように伸縮して肌にハリや弾力を生み出し、シワやタルミを防ぐ美肌成分。新型エラスチンは真皮内のエラステン増やしに最適であ り、食経験が皇宮 な ブタの大動脈や魚の動脈球を原料にしているので、安全性も確かです。
「エラスチン&コラーゲン 1/50」は、コラーゲンとエラスチンを理想的なバランスで配合したサプリメントです。

  • 健康的な美しさをめざす人におすすめの、高純度の新型エラスチンとコラーゲンが一度で摂れる、体にやさしく飲みやすいサプリメントです。コラーゲンとエラスチンが、50:1という理想的なバランスで配合されています。
  • 人の皮膚の真皮の場合、コラーゲンは72%、エラスチンは1.4%含まれています。エラスチンの含有量はコラーゲンの約50分の1とごく少量ですが、ゴムのように伸び縮みする弾性をもっていて、コラーゲンとコラーゲンを結びつけ弾力性を維持しています。
  • エラスチンは哺乳類、鳥類、魚類等の皮膚の真皮、靭帯(じんたい)、血管壁等にコラーゲンとともに含まれていて、若々しいお肌や健康維持のために重要な働きをしている成分です。
  • エラスチンにはデスモシンやイソデスモシンというエラスチンに特有のアミノ酸が含まれていて、これらの成分が多いほど美容と健康に優れた働きをしてくれると考えられています。

気になっていたシミやシワを改善(美肌Q10オールインワンジェルの使用感、口コミ)