アカシアポリフェノール摂取で血糖値が改善血圧、中性脂肪も安定

データその1.薬科大学の試験でも実証「インスリンの効き目を高めて血糖値を効率的に下げる」

少量のインスリンで効率的に高血糖を抑制

ある大学での研究によると高脂肪食をエサにしたマウスにアカシアポリフェノールを与えると、空腹時血糖値が低く抑えられることがわかりました。こうした実験を踏まえて、アカシアポリフェノールを人が摂取した場合に、同様の作用が現れるかの実証が行われました。

境界型の糖尿病の17名の協力を得て、アカシアポリフェノールの摂取前と摂取8週間後に、75gブドウ糖負荷試験を行って、血糖値と血中インスリン値の推移を調べたのです。結果は一目瞭然で、準値をオーバーしていた血糖値は8週間後に低く抑えられました。注目すべきは、このとき同時に血中に含まれるインスリンの量も、試験前より抑えられていたことです。

アカシアポリフェノールは「すい臓で分泌されるインスリンの効き目を高めて、少ない分泌量のインスリンで効率的に血糖値を下げる」ことが示されたのです。

その理由として指摘されているのが、アカシアポリフェノールを摂取すると、インスリン抵抗性を改善する遺伝子が増加すること。一方で、インスリン抵抗性を引き起こす遺伝子が減ることで、高血糖が効率的に解消すると考えられています。

当然ながら、インスリンの分泌量が節約されれば、それによって休息を得たすい臓の機能も回復に向かうでしょう。

現在、「糖尿病によい」とされる健康食品は世に多数あふれています。しかし、アカシアポリフェノールのように、人間を対象とした臨床試験で、「確かに血糖値を下げる」と証明されたものは実に貴重といえます。

以上の研究成果をまとめた論文は、イギリスの医学誌で掲載されて反響を呼び、アカシアポリフェノールの知名度が国際的にも広まりました。

その2.糖と油の分解・吸収を抑える「内臓脂肪を減らす」「

内臓脂肪の量が8週間で30%減少

大学の研究によれば、アカシアポリフェノールを与えたマウスは、肝臓での脂肪の合成が抑えられて、皮下・内臓脂肪がつきにくくなると判明。

このデータは、イギリス・オックスフォード大学出版局の医学誌でも公開されて高く評価されています。肥満傾向の人間を対象としたテストでも、ある60歳女性の場合、アカシアポリフェノールの摂取8週間で、内臓脂肪が実に30% 以上も解消しました。アカシアポリフェノールが肝臓での脂肪合成を抑えつつ、筋肉でのエネルギー消費を高めることがその理由と考えられています。

アカシアポリフェノールが肥満解消に役立つ理由については、長崎の研究所でも興味深い発表をしています。アカシアポリフェノールは、アミラーゼ(炭水化物をブドウ糖に分解する)と、リパーゼ(油を分解する)という消化系酵素の活動を阻害することがわかったのです。
これらの酵素の働きが抑えられると、食後の糖の吸収が抑えられます。同時に、脂質の吸収も減少するため、結果的にカロリーカットと同様の効果をもたらして、内臓脂肪の蓄積が防がれます。実は内臓脂肪とは、インスリンの効き目を悪くする物質を分泌するやっかいな存在。その量が減れば必然的にインスリンの効き目がよくなるので、高血糖をよりスムーズに解消できます。

データその3.血管を拡張し、血圧を安定「中性脂肪、コレステロールも改善し合併症を防ぐ」

大学の研究では、アカシアポリフェノールを与えた高血圧発症ラットは、収縮期血圧(上の血圧)・拡張期血圧(下の血圧) とも、上昇が抑えられました。末梢血管を拡張し、血圧を下げる血液中のNO(一酸化窒素)を、アカシアポリフェノールが活性酸素の苦から保護することが、その理由と考えられます。

アカシアポリフェノールは、人体に有害な活性酸素を取り除く抗酸化力が高く、その作用はカテキンの約6倍と報告されています。

別の研究では、アカシアポリフェノールがACEという血圧を上げる酵素の働きを抑えることも判明しています。そのほか、アカシアポリフェノールは肝臓で合成されるコレステロール、中性脂肪も抑えることから、脂質異常症の改善にも期待大といえるでしょう。

高血圧や脂質異常症を併発すると、糖尿病の合併症の危険が増大します。目、腎臓、手足などの毛細血管の損傷が進みやすくなるからです。アカシアポリフェノールはこうした血管・血液トラブル全般を正常に導いて、合併症を遠ざけるのです。

アカシアポリフェノールの口コミはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください