スムーズな排便のためのオリゴ糖 北の快適工房「カイテキオリゴ」

日頃、便秘に悩んでいる方ならオリゴ糖(ラフィノース)という成分を耳にしたことがあるかもしれません。これは砂糖大根と呼ばれるアカザ科(ほうれんそうと同じ科)の植物の根から精製される世界で唯一の高純度結晶オリゴ糖です。オリゴ糖は、腸内で善玉菌のえさとなって腸内環境を整えます。
そんなオリゴ糖で一番売れているのは、「北の達人コーポレーション」の便通を改善するオリゴ糖食品『カイテキオリゴ』です。

ヨーグルトにカイテキオリゴ
ヨーグルトにカイテキオリゴ

お腹の中で善玉菌を増やすという仕組みに驚き!「カイテキオリゴ」に有効成分が5種類も

オリゴ糖と乳酸菌は、腸に到達して、善玉菌にダイレクトに働きます。カイテキオリゴには、ラフィノース、ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、α-シクロデキストリンの5種類の有効成分が含まれます。便秘傾向者の便通を改善する(排便量・排便回数を増やす)機能があります。ヨーグルトに入れて食べれば朝のお通じも快便です。

現代人には深刻な便秘

オリゴ糖は、腸内の善玉菌のえさになるということで朝食のヨーグルトにはオリゴ糖を入れましょう!というのは定番の便秘改善のための定番食品です。ところで、もともと砂糖大根は、砂糖を作る原料となるものですが、近年その糖蜜から特殊製法(クロマトグラフ法)を用いて、ラフィノースという成分を取り出すことに成功したのです。その量、砂糖大根1kgにわずか1gほどしか抽出できないという極めて貴重です。

そのラフィノースが善玉菌であるビフィズス菌の栄養源(エサ)となり、その数を飛躍的に増やすというのです。これだけ聞いただけでも頑固な便秘に悩んでいる人は是非試したい!と思うでしょう。

お腹の中で善玉菌を増やす

そこで発想を転換。外からビフィズス菌を取り込むのではなく、もともと住み着いている腸内ビフィズス菌を増やすことをまず第一に考えたのです。自分の体内に住みついているビフィズス菌は、外から即席で送られてきたものよりも自分の腸内環境をよく知っています。つまり適応力・対応力にすぐれているのです。これらが勢いを増し、どんどんと数を増していけば良好な腸内環境になります。

腸まで届いて善玉菌のえさになる

ラフィノースは途中で壊されることなく腸まで到達するという特長を持っています。しかも、悪玉菌ではなく、善玉菌のみの栄養源(エサ)となりますから、まさに便秘体質の人にはぴったり。刺激や圧力によって矯正するのではなく、根本となる体の内側に、じっくりと働きかけるのですから体にも安心です。

害があっては、たとえ「出す」ことが可能になっても結局のところ別の悩みを抱えることにもなってしまいます。これでは良くなった、改善したとは言えません。
出れば何でもいいということでは強力な下剤を使いさえすれば排出できますから。しかし、これでは腸にかかる負担は大きくなるばかりです。

腸のストレスをフリーにしてあげて自然な排便を行うには、こうした善玉菌を増やすことで腸内環境を正常化することが必要です。便秘の人はとかく「出ない→無理にでも出したい」という意識に偏ってしまっているために余計に腸にストレスをかけてしまっている場合が多いのです。

腸内環境が正常化すれば便の異臭がなくなったり、いきんでやっと出ている便がいきむことなくスッキリ出るようにります。

カイテキオリゴ
便通を改善するオリゴ糖食品『カイテキオリゴ』

「スムーズな排便のためのオリゴ糖 北の快適工房「カイテキオリゴ」」への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください