高濃度ルテイン配合の一目瞭然Wで視認性を改善

見え方に不安を感じるならルテインが不足している

ほうれん草や緑黄色野菜を1日3カップ以上度食べていますか。食べている方はこのサプリメント不要です。食べていない方はルティンのサプリが必要です。
高濃度ルテイン配合の一目瞭然W

ルティンは最先端のサプリメントで、将来、歳をとってから視力が衰えるか衰えないかを決める大事なポイントとなります。
65歳以上の人が失明する原因としてもっとも多いのが、老化による黄斑変性、つまり網膜中央部の黄斑が破壊されてしまうというものです。
加齢性黄斑変性症の詳細はこちら。

黄斑は、相手の顔を認識したり、読み書き、運転などに必要な中央部の視力を司ります。65歳以上の20%がこの病気にかかります。
閉経期を迎えると黄斑変性のリスクは500%も増し、その原因はエストロゲンの減少が関係していると思われます。

黄斑変性の正確な原因はわかっていませんが、日常的に太陽から紫外線を浴びることによるフリーラジカルの生成が原因とされています。黄斑変性の治療薬はありませんが、場合によってはレーザー治療によって進行を遅らせることができます。

正しい食事と正しいサプリメントを摂ることで予防でき、このことは確かな証拠で裏づけされています。

カロチノイド族のルティンは、ほうれん草やケール、キャベツ類、カラシ菜、トウモロコシなどに含まれています。ルティンは黄斑に非常に多く含まれており、食物中のルティンが視力にいかほどの効果を与えるかについて研究が行われています。

ハーバード大学で行われた有名な研究では、ルティンなどのカロチノイドを食事から摂取することと黄斑変性の危険性との関係について調べました。

この研究で毎日食事から最低6gのルティンを摂取している人は、そうでない人と比べて黄斑変性の罹病率が低いことがわかっています。

先に述べたように、ほとんどの人は食事からルティンを十分に摂取できておらず、最近まではルティンサプリメントも手に入らなかったことは問題です。βカロチンなど聞き慣れたカロチノイドとは違い、ルティンは体内でビタミンAに変化しないために効果がないと考えられており、その価値があまり評価されていませんでした。

眼球の奥には「黄斑」と呼ばれる文字通り黄色の部分があり、そこが目のピント調整力(コントラスト感度等)を決めるとされています。黄斑濃度は加齢と共に減少し、ブルーベリーなどの紫色の式では対応できません。
つまり濃い見え方のためには黄斑の構成成分「ルティン」の摂取が必要です。

現在では、ルテインには抗酸化作用があり、紫外線による危険なフリーラジカルを非活性化して目を保護することがわかっています。幸いにもさまざまな複合剤や、視力向上を目的としたサプリメントなど、多くのルティン製品があり、複合剤のほとんどに亜鉛(黄斑の維持に関与する)やゼアキサンチンが配合されています。

おすすめのルティンサプリ

モンドセレクション金賞受賞した「高濃度ルテイン配合の一目瞭然W

機能性表示食品 高濃度エキスルテイン配合「一目瞭然W」

はっきりくっきり見える&ブルーライトの刺激から目を守るWの機能でルテインたっぷりだから、視認性を改善できる。
こんな症状があったら是非おすすめです。

  • 新聞やTVを見るのが辛い
  • スマホやPCをよく使う
  • 車の運転が不安
  • 細かい作業が億劫になった

一目瞭然W
高濃度ルテイン配合の一目瞭然W

一目瞭然Wはわずか2粒で卵黄50個のルティン量です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください