歯周病を防ぐ

口の中をいつも清潔にしておく

歯周病を防ぐためには、やはり口の中を清潔に保っておくことです。食事をしたあとはきちんと歯みがきをします。歯みがきのほか、デンタルフロスといわれる糸を使って、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの隙間に残った食べかすを、きれいに取り除きましょう。

ですが、このようにして一生懸命に口の中をきれいにしたとしても、食べかすというのは残ってしまうものです。その残った食べかすにバクテリアが増殖し、歯のまわりにもぐり込むようなかたちでできる隙間のことを歯周ポケットといいます。

一度できてしまったその歯周ポケットをそのまま放っておくと、ポケットはだんだん大きくなって、炎症も悪化していきます。そして、一般に70歳ぐらいになると歯周病によって歯を失うリスクがとても高くなるといわれています。それから、歯ぐきの病気というのは、タバコを吸ったり、お酒をたくさん飲むことで、状態の悪化が進行すると考えられています。

歯みがきやデンタルフロスを利用したていねいな手入れで、できるだけ食べかすを取り除くことが大切です。さらに、口の中で増殖するバクテリアなどの微生物を減らすために、殺菌剤を使って、よく口をすすぐこともおすすめです。こうして、健康な歯ぐきを維持していきましょう。

ビタミン類が歯ぐきを丈夫に保つ

歯みがきをしていて歯ぐきから血が出たことがある人はたくさんいるでしょう。歯ぐきからの出血を抑えて炎症を鎮めるためには、バイオフラボノイドを含むビタミンCが役立ちます。そして、組織を修復するためには、β-カロテンやビタミンEが役立ちます。

また、歯の根元の骨が損なわれるのを防ぐためにはカルシウムとマグネシウムが欠かせませんし、ビタミンB群は、口の中の組織を健康に保つのに効果的です。加えて、口内環境を整えるために、ポリフェノール類が有効だといわれています。普段から口にする身近なものでは、たとえば緑茶に含まれているカテキンがポリフェノールの一種なので、歯ぐきを健康に保つのに、お茶をよく飲むのも良いでしょう。

歯周病を防ぐために摂りたいのは

  • β-カロテン
    10~30mg
  • ビタミンC
    1000mg
  • ビタミンE
    100~200mg
  • ポリフェノール類
    メーカーの指示量

歯周病対策(なたまめなど)と具体的な改善や感想(一覧)

痛風を防ぐ

中年の男性は要注意

痛風という病気の名前を聞いたことがあるでしょうか?文字通り、風が吹くだけでも痛いという例えから名付けられたものです。

痛風は女性には患者が少なく、90パーセント近くが30代~40代以降の男性だといわれているのですが、これについては、アルコールの大量摂取やストレスなどが関係していると考えられています。

通風の発作が起きた時の痛みというのは、経験したことのある人にしかわからない、相当激しい痛みです。その原因は、尿酸の結晶が関節の周囲にたまることによって炎症が生じるためです。

一般に、血中の尿酸の値が7.0mg/dl以上になると高尿酸血症の診断がくだされ、尿酸の結晶ができやすくなります。

痛風の発作は、肉類などプリン体の多い食事や大量の飲酒が引き金となることから、以前はぜいたく病などと称されることもありましたが、実は原因はそれだけではありません。体内で尿酸を作りやすい体質の人がいて、例えば激しい運動や急激な減量によって、体内の組織の分解が進行することで血中の尿酸値が上昇し、結果として痛風発作が引き起こされることもあるのです。

一般的には、痛風の痛みは足の指が痛くなるものだと考えられていますが、足の甲や足首、ひざ、股関節、手首や手指の関節に至るまで、症状が出る人もいます。

痛風についてもう少し詳しくはこちらです。

アルコールを控え、ビタミンB群を摂取する

一方で、尿酸というのは私たちの体の抗酸化作用と関係しているので、一定量は必要でもあります。

先にも述べましたが、尿酸値が高くなるのには体質的な素因もありますから、値が高い人は普段から気をつけてケアをしなければなりません。

動物性タンパク質などのプリン体の多いつまみとビールなどのアルコールの組み合わせは、まちがいなく痛風発作の引き金になります。発作がいったん始まってしまうと、痛みは薬ではなかなか緩和されません。また、アスピリンなどの抗炎症剤には尿酸濃度を上げるはたらきがあるので、発作時の服用には注意が必要です。

ビタミンB群は栄養素が正常に代謝するよう促し、各酵素のはたらきに関係しているのですが、葉酸には特に尿酸の生成にかかわる酵素のはたらきを阻害する力があります。

カルシウムとマグネシウムの摂取も痛風発作の予防に役立ちます。

痛風を防ぐために摂りたいのは

  • ビタミンBコンプレックス(B1、B2、B6)
    各5~10mg
  • 葉酸
    200~400μg
  • カルシウム
    500~1000mg
  • マグネシウム
    250~500mg

高血圧を防ぐ

生活習慣を改善しコントロールする

高血圧といえば生活習慣病を代表する疾患で、多くの人が悩んでいることでしょう。高血圧は、その状態が長い期間続くことで血管壁が傷ついたり、心臓にかかる負担が増えることから、うまくコントロールすることが必要になります。

少しの変化だと、これくらいなら大丈夫だろうと軽く考えてしまうかもしれませんが、血圧が上昇することで大きな病気につながるリスクが高くなりますから、まずは、生活習慣の改善を心がけることです。

高血圧の改善をするというと、塩分の摂取を制限することを想像する人もいるでしょうが、そのほかにも有効な方法はあります。例えば、標準体重より重い人は減量する、たばこを吸う人は禁煙する、食事の面ではカリウムを適量に摂取するなどが挙げられます。ウォーキングなど有酸素運動をするのもおすすめです。

体重が重い人が減らすだけでその状況が改善するというのは、よくあることです。飲酒の場合、飲んだ直後と翌日ではまるで高さが変わるので、高血圧の人にとって重要なコントロール項目です。

血圧が高い人に共通して重要なことのひとつに食物繊維を十分に摂ることがあります。できるかぎり、食事の中でたくさんの食物繊維を摂るように習慣づけることが大切です

サプリの利用は、食習慣、生活習慣などの改善を行ってみてからの対策となります。

カルシウムとマグネシウムの摂取の割合

高血圧の対策として、ミネラルバランスも大切です。カルシウムとマグネシウムの割合を2対1で摂取し、さらにカリウムを補給するのが効果的です。

ペプチドには、血圧の上昇を抑制するはたらき、血中コレステロールを低下するはたらき、脂肪の沈着を抑制するはたらきなどがあることがわかっています。

また、ビタミンCにも血圧を下げる効果があって、たとえほかの病気をもっていても悪影響はないので、こういったサプリメントを併せて摂取するのも良いです。

高血圧を防ぐために摂りたいのは

  • カルシウム
    500~1000mg
  • マグネシウム
    250~500mg
  • ビタミンC
    1000mg
  • ペプチド
    メーカーの指示量

動脈硬化を防ぐ

原因はコレステロールの酸化

私たちの体がうまく機能するためにコレステロールは欠かせませんが、過剰な悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が体内を流れ血管の内側に蓄積されてしまうと、血管は柔軟性が無くなり動脈硬化につながります。

動脈硬化の原因となるのは、コレステロールの存在自体ではなく、私たちの体の中のさまざまな物質によってLDLコレステロールが酸化されることです。ですから、動脈硬化を防止するためには、LDLコレステロールが酸化してしまうのを防ぐ作用のあるβ-カロテンやビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール類を摂取することが大切になります。

動脈硬化というと、一般にコレステロールや中性脂肪の過剰だと思われていましたが、血液中でホモシステインという物質が増加することが、動脈硬化と関係があると考えられています。

ホモシステインというのは、すべてのタンパク質に含まれている必須アミノ酸のメチオニンが肝臓で代謝されてできる物質です。このホモシステインは、肝臓内でとても反応しやすい形になって、LDLコレステロールとくっついて血液中に出て行きます。そして、動脈壁のマクロファージに取り込まれ、動脈硬化が始まるのです。

動脈硬化は、太っている人は大きな動脈に、痩せている人は末端の細い動脈に現れることが多く、自覚症状が現れる段階では、かなり進行した状態です。

40歳を過ぎると、さまざまな病気になるリスクが高くなりますので、中年期にはしっかりチェックしておきましょう。

植物性食品も積極的に摂る

ホモシステインの原料になるメチオニンは、動物性タンパク質に多く含まれていますが、体に必要なタンパク質を摂るのは動物性食品からだけでなく、豆類や穀類などの植物性食品からも摂る必要があります。

LDLコレステロールの量を増やさないことも重要ですから、総摂取エネルギーを減らすとともに、コレステロールの多い食品の摂り過ぎに気をつけたいところです。エネルギー代謝を高める意味では、ビタミンBコンプレックスを摂るとよいです。

動脈硬化を防ぐために摂りたいのは

  • ビタミンBコンプレックス(B1、B2、B6)
    各10~20mg
  • ビタミンC
    1000mg
  • ビタミンE
    100~200mg
  • ポリフェノール類
    メーカーの指示量

夏バテを予防する

発汗対策をじゅうぶんにする

夏の暑いときには特に、発汗によって失われてしまった水分を補おうとして体が水分を欲します。そのときに、糖分を多く含んだものを飲むと、血糖値のコントロールに悪影響を及ぼし、食欲が正常にはたらかなくなって、食欲の低下や、栄養素の不足が長く続くことになります。

一方では、日差しが照りつける屋外と冷房の効きすぎた屋内との急激な温度差で、自律神経が正常にはたらかなくなり、体温の調整がうまくできずに、夏バテになる人が増えているのです。

食事の面では、そうめんや冷やし中華、ざるそば、ざるうどんなど、冷たくて喉ごしの良い麺類をどうしても選びがちになると思いますが、こういった食品はどれも糖質(炭水化物)がベースになっているので、同じような食事を摂っているとタンパク質が不足になって、やはり夏バテにつながってしまいます。

夏には汗をかく量が増えますから、屋外で仕事をしている人やスポーツをする人、外出の機会が多い人などは、水分やミネラルを多めに摂るなど、発汗への対策をじゅうぶんにとることがとても重要です。

私たちの汗の中には、水分のほか、カリウム、ナトリウム、鉄、カルシウムといった、生きていくうえで欠かすことのできないミネラル類が含まれているので、大量に汗をかくことで、これらのミネラルが水分とともに失われて、不足した状態が続いてしまうのです。

夏バテ対策に必要なのはビタミン・ミネラル

昔から夏バテ対策に良いといわれているものに、うなぎや焼き肉があります。これらは高タンパクであり高ミネラルなので確かに効果的ではあるのですが、毎日食べるというのは現実的ではありません。かえって、脂肪の摂り過ぎになり内臓に負担がかかってしまいます。

夏バテの状態になっていちばん問題となるのは、暑さからくる食欲不振です。食欲がわかないために普段の食事量が確保できなくて、全般的に栄養不足になってしまいます。ですから、重要なのは、食事量の減少を防ぐようにするのとともに、食べたものをどれだけ効率良く消化吸収するか、ということです。そして、そのためにはビタミンとミネラルの補給が必要です。

汗を大量にかくことで失われるミネラルは塩分(ナトリウム)だけだと思われがちですが、それだけでなくカリウムやマグネシウム、鉄などのミネラルを補給することが大切です。また、夏バテによるだるさを改善し、疲労を回復するには、ビタミンB群を多めに摂取するのが効果的です。

夏バテを予防するために摂りたいのは

  • マルチミネラル
    メーカーの指示量
  • マルチビタミン
    メーカーの指示量
  • プロテイン
    1回に7~20g

低血圧の症状を改善する

自覚症状を見逃さないこと

低血圧とは、血圧が正常値よりも低い状態で、最高血圧(収縮期の血圧)が100mmHgよりも低い場合が目安とされています。低血圧では、体がだるい、疲れやすい、めまいがする、耳鳴りがするなど、さまざまな症状がみられることがありますが、自覚症状がない場合には、日常生活に支障がなければ問題ないといわれます。

低血圧は、高血圧と違い、体に及ぼす重大な影響というのがほとんどありません。ですから、病気としてあまり重視されていないところがあるのかもしれません。

しかし、自覚症状があるなら、さまざまな症状は本人にとってはつらいものでしょうから、できるだけ改善したいものです。

低血圧には、原因がよくわからないもの(体質的なもの)と、立ち上がったときにふらつくものと、病気や薬が原因となっているもの、この3つのタイプがあります。

病気や薬の影響以外の低血圧の症状を改善するには、血液の循環を良くすることが有効です。体に疲れやすさやだるさがあることから運動量が減ったり、食欲不振から栄養不足になることが、血液循環の悪化につながります。適度に運動をおこなうと血圧をコントロールするようにはたらくので、定期的な適度な運動は低血圧症状の改善に役立ちます。

低血圧の人には体温が低めな人も多いので、サプリメントを利用するなら、プロテインで熱産生を高めて、ビタミンCとEで血管を健康にし、体中に血液をじゅうぶんに行き渡らせると良いです。

根菜や香辛料を積極的に摂取する

体をあたためる作用がある食品というと、しょうがやとうがらしなどの香辛料やごぼうやにんじんなどの根菜類があります。いろいろな野菜にしょうが、とうがらし、にんにくといった香辛料を入れスープにして食べると、体があたたまり、冷えや肩こりなどの症状の改善に役立ちます。こういった食材を積極的に利用しましょう。

低血圧の症状を改善するために摂りたいのは

  • プロテイン
    1回に7~20g
  • ビタミンC
    1000mg
  • ビタミンE
    100~200mg

ひざの痛みをやわらげる

体脂肪が増えてひざに痛みがでる

中高年になって、ひざや腰の痛みを抱えている人はたくさんいるでしょう。ひざの痛みといっても原因はいくつか考えられますが、肥満や体重の増加によってひざに負担がかかり、痛みが生じる場合もあります。

私たちの体は、年齢を重ねていくうちに代謝が悪くなり、中年になると若い頃と同じ量の食事をとっていたとしても、体の脂肪というのは増加します。

歩くときにひざにかかる負担は自分の体重の約3倍の重さだといわれていて、たとえば、体重が10キログラム増えてしまったとしたら、ひざへの荷重は約30キログラム増えるということになります。さらに、肥満によって運動するがおっくうになると、ひざを支える筋力も衰えてしまい、ひざにとって良くない状態が続くことになるかもしれません。

減量したら膝の痛みが改善されたという話を聞いたことがあるかもしれませんが、肥満や急激な体重増加は、ひざの痛みを引きおこすリスクが高くなるのです。

関節自体が劣化しているとしても、体重が減ることによってひざ関節に加わる負荷も減るため、痛みが緩和されます。

関節を修復するサプリメント

関節軟骨の減少は、特に高齢者に多く見られます。

リハビリをおこなうと、核となるタンパク質が形成され、その周りには保水性の高い物質が付着します。その物質というのは、グルコサミンが材料となってつくられるグルコサミノグリカンや、コンドロイチン硫酸というムコ多糖類です。これらのムコ多糖類は、体の細胞が正常に維持されるように、組織に保水性や弾力性を与える役割をもっています。

また、ビタミンCも関節軟骨を形成するための材料になるほか、ビタミンEも役立ちます。

ひざの痛みをやわらげるために摂りたいのは

  • プロテイン
    1回に7~20g
  • ビタミンC
    1000mg
  • ビタミンE
    100~200mg
  • グルコサミン
    メーカーの指示量
  • コンドロイチン
    メーカーの指示量

ストレス・うつに負けない体をつくる

ストレスで栄養状態が悪くなる

仕事や学校へ行きたくない、誰にも会いたくないなど、消極的な思考や行動になってきたら、それは、うつの状態かもしれません。過剰なストレスからうつ状態になり、とても深刻な状況に陥ってしまう人が増えているといわれています。

ストレスを受けると、脳や身体にはさまざまな影響が出てきますが、これらの変化の多くは目に見えないために周りの人にはわからないし、自分自身でもわかっていないことが少なくないようです。

ストレスは、アドレナリンの分泌を促し血管を収縮させて血行不良を引き起こします。さらに、胃腸の機能を低下させるために、栄養の吸収能力まで低下させてしまいます。

栄養不良によって無力感や脱力感が生まれ、偏った食生活になり、全身的に栄養状態が悪化します。それがうつの状態をますますひどくして、放っておくとうつ病に移行する危険があるのです。

食べたり食べなかったりという状況では、急激に血糖が上昇したり、低血糖になったりします。低血糖の状態だと集中力が続かなかったり、やる気の無さの原因となってうつを加速度的に進行させることも考えられます。

偏った食事をしていると、特にタンパク質や水溶性のビタミンが不足しがちになります。ストレス下において分泌されるホルモンの合成には、ビタミンCとタンパク質が必要になるので、どちらの栄養の摂取も欠かせないところです。また、ビタミンB群が不足するとイライラしたり不安になったり、心身機能全般が低下してしまいます。

ハーブ系サプリで症状を和らげる

ストレスやうつ病対策のサプリメントに、セントジョーンズ・ワートやカヴァカヴァがあります。これらのハーブのサプリメントは、一度にたくさん摂ったから効くというものではなく、用量を守り継続して摂取することが大切になります。

眠気を誘発することや、ほかの薬の効果などに影響することもあるので、何かほかの薬を服用している場合には注意が必要です。使用前に医師や薬剤師に相談しましょう。

ストレスに負けない体をつくるために摂りたいのは

  • ビタミンC
    500~1000mg
  • ビタミンBコンプレックス(B1、B2、B6)
    各5~10mg
  • セントジョーンズ・ワート
    メーカーの指示量

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を使ってみた効果と使用感

病後の体力を早く回復する

病気をした後の肉体疲労時には、睡眠をじゅうぶんにとることと鉄分をしっかり補給することが大切です。

疲労の原因の中でいちばん多いのが鉄欠乏性貧血です。健康な女性でも生理がある人の20パーセントくらいは、貧血になっているといわれています。女性の場合、出産後であればなおさら、鉄の欠乏が深刻であると考えられます。

鉄には病気に対する抵抗力を増進させるはたらきがあるので、病気にかかっている時には、鉄分の必要量が増えているといえるでしょう。

体力の回復にとっては、睡眠をじゅうぶんにとれるかどうかということも大きく影響します。個人差はありますが、大半の人は最低でも6時間以上の睡眠が必要になります。

体力を早く回復させるには、じゅうぶんな睡眠を確保しながら、病気や出産で消費したビタミンやミネラルを補給しましょう。そうすることによって、体のエネルギーの代謝を高めます。また、軽い運動から始めて体を動かし、療養中に低下してしまった筋力や全身の持久力を取り戻しましょう。

身体機能を活性化する抗酸化ビタミン

栄養をしっかり摂ることは大切ですが、体力の回復を意識しすぎての食べ過ぎには気をつけます。これを避けるためには、サプリメントを上手に取り入れましょう。

疲労を防いで、体の抵抗力を高め、鉄欠乏性貧血を改善するために、まずは鉄分を補給する必要があります。また、エネルギー代謝を高めるビタミンB群の代謝にも、鉄分が欠かせません。そして、鉄の吸収にはビタミンCが必要となります。

タンパク質は体をつくる重要な成分であり、病後の体力回復時に必要な栄養素の利用効率を高めます。また、βーカロテンやビタミンC、ビタミンEといった抗酸化物質には活性酸素から細胞を守り、体の機能を活性化するはたらきがあります。

こういったさまざまなビタミンやミネラルを同時に摂取することで、それぞれの効果を相乗的に高めるのです。

病後の体力を早く回復するために摂りたいのは

  • マルチビタミン
    メーカーの指示量
  • マルチミネラル
    メーカーの指示量
  • プロテイン
    1回7~20g

更年期の症状を軽減する

女性の体は、40歳を過ぎた頃から卵巣の機能が低下し始め、そのうちに閉経を迎えます。閉経の前後10年間を更年期といいます。女性の多くは、だいたい50歳前後で閉経を迎えることから、一般に45歳~55歳を更年期と呼んでいます。

更年期の時期にさしかかると卵巣機能の低下が急激になり、これに伴って、卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少し、体の中のホルモンのバランスが崩れます。ホルモンバランスが乱れると自律神経の調節も乱れ、ほてりやのぼせ、冷えなど、体にさまざまな不調が現れます。こうしたホルモンバランスの乱れによっておこる不調を更年期障害といいます。

更年期には、ほとんど気にならないまま終わってしまう人もいれば、日常生活が困難なほどの症状が出る人もいます。更年期の症状にはとても個人差があって、顔のほてり、頭痛やめまい、倦怠感、気分が落ち込む、怒りっぽいなど、さまざまな症状が現れ、ひどく悩まされる人がいるのです。そして、精神的なストレスや環境の変化にも、大きく影響を受けるといわれています。

自覚症状がほとんどないという人でも、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下することで、骨粗しょう症への影響やコレステロール値の急激な上昇など、体には確実に変化が起きています。

調子がすぐれないのは更年期の症状だと思っていたら他の病気のサインだったという可能性もありますので、心配なことがあれば、病院にかかってみるのもいいかもしれません。

なお、近年では、男性にも更年期障害があることがわかっています。

大豆製品を積極的に摂る

女性ホルモンに似た作用があることで知られている植物物質の「イソフラボン」。大豆に豊富に含まれるこのイソフラボンが、更年期の不快な症状を予防することで注目されています。豆腐や豆乳などの大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。

ほてりの原因のひとつには、動物性タンパク質の過剰な摂取もあると考えられています。女性ホルモンには骨量を保つ働きがあるのですが、エストロゲンが減少することで骨粗しょう症が起こりやすくなります。タンパク質の摂取が肉類に偏っていると、骨からカルシウムが溶け出すのを促進させてしまうので、動物性タンパク質の摂りすぎには注意しなければなりません。

ビタミンCやEは、生理的なストレスを緩和するのに効果的です。また、エネルギーの代謝を効率良く保つためには、ビタミンB群が欠かせません。

食生活の改善のほか、体を動かすこともおすすめです。ウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動は、代謝を上げるほか自律神経を安定させるのにも良いです。体を動かしてリフレッシュしたり、趣味を楽しんだり、ゆったりした時間を過ごすのも大切です。

更年期の症状を軽減するために摂りたいのは

  • イソフラボン
    30~50mg
  • ビタミンC
    1000mg
  • ビタミンE
    100~200mg
  • ビタミンBコンプレックス(ビタミンB1、B2、B6)
    各5~10mg

女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンについて