スムーズな排便のための オリゴ糖 北の快適工房 の『 カイテキオリゴ 』

便通を改善する成分を配合した機能性表示食品『 カイテキオリゴ 』の紹介です。

オリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境を整えてくれますが、そんなオリゴ糖の中でとても人気があるのは、「北の達人コーポレーション」の便通を改善するオリゴ糖食品『 カイテキオリゴ 』です。

ヨーグルトにオリゴ糖 カイテキオリゴ
ヨーグルトにオリゴ糖 カイテキオリゴ

腸内で善玉菌を増やすという仕組みに驚き! 『 カイテキオリゴ 』には オリゴ糖 が 5 種類含まれている

日頃、便秘に悩んでいる人なら「ラフィノース」という成分を耳にしたことがあるかもしれません。これは砂糖大根と呼ばれるアカザ科(ほうれんそうと同じ科)の植物の根から精製される、世界で唯一の高純度結晶オリゴ糖です。

機能性表示食品の カイテキオリゴ には、ラフィノース、ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、α-シクロデキストリンの 5 種類の有効成分が含まれています。これらには便秘傾向者の便通を改善する(排便量・排便回数を増やす)機能があります。オリゴ糖と乳酸菌は、腸に到達して、善玉菌にダイレクトに働くので、ヨーグルトに入れて食べれば朝のスムーズなお通じに期待できます。

オリゴ糖といえば、便秘改善のための定番の食品です。腸内の善玉菌のエサになりますから、ヨーグルトを食べるときにはオリゴ糖を入れるのがおすすめです。ところで、もともと砂糖大根は、「てんさい糖」という砂糖を作る原料となるものですが、近年その糖蜜から特殊製法(クロマトグラフ法)を用いて、ラフィノースという成分を取り出すことに成功したのです。しかし、その量は、砂糖大根 1 kg からわずか 1 g ほどしか抽出できないというほど極めて貴重です。

もともと自分の腸内にすんでいる善玉菌を増やす

そのラフィノースが善玉菌であるビフィズス菌のエサ(栄養源)となり、その数を飛躍的に増やすというのです。これを聞いただけでも頑固な便秘に悩んでいる人はぜひ試したい ! と思うでしょう。

そこで発想を転換。外からビフィズス菌を取り込むのではなく、もともと住み着いている腸内ビフィズス菌を増やすことをまず第一に考えたのです。自分の体内に住みついているビフィズス菌は、外から即席で送られてきたものよりも自分の腸内環境をよく知っています。つまり適応力・対応力にすぐれているのです。これらが勢いを増し、どんどんと数を増していけば良好な腸内環境になります。

腸まで届いて善玉菌のえさになる

ラフィノースは途中で壊されることなく腸まで到達するという特長を持っています。しかも、悪玉菌ではなく、善玉菌のみの栄養源(エサ)となりますから、まさに便秘体質の人にはぴったり。刺激や圧力によって矯正するのではなく、根本となる体の内側に、じっくりと働きかけるのですから体にも安心です。

カイテキオリゴ でスッキリ自然な排便

害があっては、たとえ「出す」ことが可能になっても結局のところ別の悩みを抱えることにもなってしまいます。これでは良くなった、改善したとは言えません。出れば何でもいいということなら、強力な下剤を使いさえすれば排出できるのです。しかし、これでは腸にかかる負担は大きくなるばかりです。便秘の人はとかく「出ない → 無理にでも出したい」という意識に偏ってしまっているため、余計に腸にストレスをかけてしまっている場合が多いのです。

腸のストレスをフリーにして自然な排便をおこなうには、善玉菌を増やすことで腸内環境を正常化することが必要です。腸内環境が正常化すれば、便の異臭がなくなったり、いきんでやっと出している便がいきむことなくスッキリ出るようになります。便秘体質だからしかたないなどとあきらめてしまっている、そんな人は、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑制する『 カイテキオリゴ 』を試してみませんか?

カイテキオリゴ
便通を改善するオリゴ糖食品『 カイテキオリゴ 』

胃カメラで異常がないのに胃痛や胃もたれに悩む人が多いのは日本人に 消化酵素 が不足しているから

なんとなく胃腸の調子が悪くて、胃腸薬を飲んでもいまひとつ解消されずに悩んでいる…そんな人のための情報です。胃の病気や不調の原因には 消化酵素 が関係しています。

胃の病気にかかりやすい日本人

日本人は、昔から胃の病気にかかりやすい体質です。例えば、厚生労働省の人口動態調査によれば、胃ガンの死亡者数はすべてのガンの中で男性は 2 位、女性は 3 位です。ここ最近は、食の欧米化により大腸ガンも急増しています。

胃ガンの死亡者数はやや減少傾向にあるといっても胃潰瘍や胃炎の治療を受けている人は年々増えているので、日本人が胃の病気にかかりやすいことに変わりはありません。ドラッグストアなどでは胃薬のコーナーは圧倒的に売り場面積が広く、日本人がいかに胃弱なのかがわかります。

さて、こうした胃の病気は、胃に潰瘍や腫瘍ができたり、胃の粘膜の表面が荒れたりするなど、原因となる異常が胃にはっきりと現れます。そのため、レントゲンや内視鏡などで検査をすれば、たいていは病気の原困が特定でき、的確な治療を行うことができます。しかし、中には胃痛、胃もたれなどの症状を訴えて検査を受けても、異常が見つからない人もいます。そして、最近ではこうした人が目立って増えているのです。これは、いったいどういうことなのでしょうか?

その原因は、現代人の食生活にあると考えられます。具体的には、量を食べすぎたり、加工食品を多く摂取することで、体内にある大切な「 酵素 」を過剰に消費してしまうのです。

胃の不調 消化酵素 の不足
胃の不調 消化酵素 の不足

酵素の働きとは? 消化酵素 と代謝酵素

酵素とは動物や植物・微生物の体内で作られている高分子の物質で、さまざまな加工物を分解したり合成したりすることを仲立ちする触媒として働きます。誰の体内でも酵素は常に働いていて、食べ物に含まれる栄養を体内で吸収しやすい形にするのも、糖や脂肪からエネルギーを作り出すのも、すべて酵素の働きによるものです。

実際、現在わかっているだけでも私たちの体内には 3000 種類以上もの酵素があり、これを「体内酵素」と呼びます。体内酵素は、その働きによって「 消化酵素 」と「 代謝酵素 」の 2 つに分けられます。そして、この 2 つの酵素の働きが、私たちの生命活動のすべてをつかさどっていると言えるでしょう。

消化酵素 は、私たちが毎日食べたものの消化・吸収を助け、栄養として取り入れやすくする働きをしています。また、代謝酵素は、消化・吸収された栄養素を利用してエネルギーの生産や筋肉・骨・ホルモン・神経伝達物質をつくるなど、さまざまな化学反応をつかさどっています。このように、人間の体内では、 消化酵素 によって消化・吸収された栄養素が、代謝酵素によって全身のさまざまな働きを作り出すという一連の作業が、延々とくり返されているのです。

酵素不足だと胃の不調以外に老化を促進させてしまう

この酵素不足が胃の不調の原因になります。胃の 消化酵素 が不足すれば、当然、食べたものの消化がスムーズに行われません。すると、食べたものが胃に長く滞留するようになり、食後に胃痛や膨満感・胃もたれといった胃の不快な症状が起こるようになるのです。それだけなく、さらに、 消化酵素 が不足して消化に時間がかかるようになると、代謝酵素まで消化活動に利用されるようになります。

私たちの体内で一生の間につくられる酵素の量は限られています。この限られた量の酵素を「潜在酵素」と呼びますが、こうして潜在酵素を 消化酵素 として大量に使ってしまうと、その分、代謝酵素に回される量が減ってしまいます。そうなると、当然、代謝酵素が担っているさまざまな生命活動に悪影響が及び、老化が進んだり、病気にかかりやすくなったり、さらには寿命が短くなることも考えられます。

生の野菜や果物で酵素を摂る

つまり、検査で異常が全く見つからなかったとしても、胃の不快な症状を軽く見るのは禁物です。そこで、胃腸の不調に日頃から悩んでいる人は、体内で不足した 消化酵素 の代わりに、体の外から酵素を補うようにするとよいのです。自然の食べ物には、「食物酵素」と呼ばれる酵素が豊富に含まれています。食物酵素を体にとり入れることで、体内の酵素不足を補うことができるわけです。

酵素入りの青汁『 リッチグリーン 』はこちら

ただし、酵素は熱に弱いため 48 度で死んでしまいます。つまり、食べ物を煮たり焼いたり、電子レンジで温めたりするだけで、酵素は失われてしまうのです。反対に、加熱調理をしていない食品、生で食べられる食品をとれば、食物酵素を十分にとり入れることができます。特に酵素が豊富なのは、生の野菜や果物です。酵素を効率よく補うために、毎食、生の野菜やフルーツをとるようにしましょう。

「乳酸菌酵母共棲培養エキス ・ プシュケー」

ケンプリア の生エキス青汁 『 リッチグリーン 』 で脂肪を分解し腸を活性化する

酵素は、健康、美容に関心のある人がどんどん取り入れ始めた注目の栄養素です。酵素は身体の生理機能にとって欠かせません。細胞の代謝、栄養の吸収と分解、内臓の働き、血液の浄化と、すべてにかかわります。しかし、これほど重要な働きをする酵素なのに、体内で作られる量や活性には限りがあります。そして、加齢によっても減少していくのです。
酵素が生きてる青汁、ケンプリアの『 リッチグリーン 』の紹介をします。

お腹の不調が酵素入り青汁で解消 大麦若葉の栄養を吸収、脂肪をどんどん分解!

野菜不足に青汁 『 リッチグリーン 』
野菜不足に青汁 『 リッチグリーン 』

体調がよくない、どうもだるい、そんなときは、食べ過ぎ、飲み過ぎ、消化不良といった消化器に関するトラブルが目立ちます。空腹だったり、消化が正常に行われていると人間は頭がさえ、集中力も高まります。反対に胃腸がフルに動いているときは、頭の方は働きません。

健康や美容に関心のある人がどんどん取り入れている注目の栄養素、「酵素」。酵素は身体の生理機能にとって欠かすことのできないものです。細胞の代謝、栄養の吸収と分解、内臓の働き、血液の浄化と、すべてにかかわります。しかし、これほど重要な働きをする酵素なのに、体内で作られる量や活性には限りがあって、実際には 30 代から徐々に活性が弱まり、 40 歳を越える頃には加齢とともにどんどん減少が加速します。また、食事から摂るには、熱を加えていないものでないと酵素が含まれないので、どうしても限られてしまうのです。

酵素不足が内臓脂肪を増やしてしまう

そのため、年をとると身体のさまざまなところで不具合が生じます。その最たるものが、内臓脂肪の蓄積でしょう。肥満者の割合は加齢とともに上昇しています。これについて要因はさまざまですが、ここでは酵素と内臓脂肪の関係についてが大きく関係しています。まず、年を重ねることで酵素が不足し、脂肪の分解能力が衰えます。さらには基礎代謝まで低下するため、余分な脂肪は内臓や血管にどんどん付着してしまう悪循環が始まります。 30 ~ 40 代になると急に肥満体になってしまう人が増えるのもこのためです。

内臓脂肪の細胞からは、さまざまな生理活性物質 (アディポサイトカイン) が分泌されます。内臓脂肪が適度な量であれば、体によい生理活性物質が活発に働きます。ところが、内臓脂肪が多くなりすぎると、悪い働きをする生理活性物質の分泌量が増えてしまうのです。

その結果、まず問題となるのが、血管に炎症が起きたり、血栓ができやすくなることです。こうして動脈硬化が進むと、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高コレステロール、高中性脂肪) などの原因になります。

そこで、やっかいな内臓脂肪を解消するうえで、ぜひ注目していただきたいものが、体質改善に有効な酵素が 1000 種類以上も配合された酵素入り青汁の『 リッチグリーン 』です。健康管理のために継続的に飲用する青汁に、酵素を配合するという発想は、まさに現代人にとても合っていると思います。

リッチグリーン
美味しい&酵素が生きてる青汁【リッチグリーン】

『 リッチグリーン 』で現代人に不足しがちな栄養素を無駄なく吸収できる

酵素入り青汁の原料である大麦若葉は、肥沃な土壌で栽培されたもので、農薬や化学肥料は不使用です。毎日飲用するうえで、品質に満点の信頼がおける大麦若葉です。栄養素も実に豊富で、大麦若葉とホウレン草を比べると、カルシウムは 11 倍、カリウムは 18 倍、マグネシウムは 3.8 倍、鉄分は 4.8 倍の含有量です。無添加ですから安心して飲むことができます。
そして、現代人に特に不足しがちな食物繊維はサツマイモの 25 倍も含まれています。 1 日に食べる野菜は 350 g が推奨されていますが、これだけの野菜を食べていたら常に冷蔵庫が野菜だけでいっぱいになってしまいます。そこで、不足している野菜の栄養素は青汁でまかなえばよいのです。

生きた酵素が入った青汁
『酵素』が生きてる青汁【リッチグリーン】

特に注目すべきことに、ビタミンC はホウレン草の 30 倍、ビタミンB1 は 6 倍の含有量を誇ります。これだけ豊富なビタミン、ミネラル類、そして摂取不足が懸念されている食物繊維を多量に含む大麦若葉ですから、その青汁を毎日飲めば、当然、便通の改善ほか健康の維持増進に役立ちます。

しかし実際は、体内の酵素不足から、豊富な栄養素を効率よく吸収できない人が多いのです。 ケンプリア の生エキス青汁『 リッチグリーン 』には、大麦若葉の栄養素を体内に吸収しやすくし、代謝を促す天然酵素がたっぷりと含まれています。酵素入りの青汁を飲めば、酵素と青汁の栄養を同時に摂れることから、健康の底上げやダイエット効果もアップします。

酵素不足を放置すれば、腸の機能を弱めたり、免疫にも悪影響を与えます。細胞の代謝も衰えて、病気に弱い体になってしまうことも考えられます。また、酵素不足は老化の進行にも関わってきます。しかし、酵素入り青汁で、日常的に酵素を摂ることで、老化した体をも総合的にサポートしてくれるのです。

また、体内には、体脂肪を分解するリパーゼという酵素がありますが、外部から酵素を補給すると、リパーゼも再び活性化して抗肥満アミノ酸を増やし余分な脂肪の分解を促します。さらに、酵素には血液中の過剰なコレステロールや中性脂肪などを排除する働きがあり、そのため血液がサラサラになって血管内がキレイに掃除されます。

腸内環境が改善されるといいことがたくさん

酵素は腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えることから、加齢とともに低下する消化吸収力を自然な形で補います。腸内環境の改善は、免疫力をも強化し、もちろん便秘の解消にも有効。自律神経系にもよい影響を与え、快眠効果や精神の安定をもたらします。血液、血管、内臓の余分な脂肪を落として腸まで活性化。老化と病気をはねのける酵素入り青汁が、現代人には必要です。

  • コレステロール、中性脂肪減少
  • 肥満解消
  • 快便
  • 自律神経安定
  • 美肌

リッチグリーン
美味しい&酵素が生きてる青汁【リッチグリーン】

ケンプリア の生搾り青汁「 リッチグリーン 」は、独自製法でつくられた品質のいい青汁です。希少な大麦若葉「赤神力」のバランス抜群の豊富な栄養素もたっぷり摂れて、さらに「酵素」を生きたまま摂取できる、まさに本物の青汁です。

酵素が生きている証である「泡立ち」と自然の美味しさをぜひ実感してください。野菜不足、肉や動物性たんぱく質を食べる機会が多い人には特におすすめします。